ホンダNSXの後継車, ウイダー ホンダ レーシングのHSV-10GTが, "SUPER GT"タイトル獲得!

 2010 AUTOBACS SUPER GT第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」の決勝レースが、10月24日、 ツインリンクもてぎ(栃木県)で行われた。 GT500クラスはPETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー)が優勝した。 GT500クラスのドライバーズチャンピオンは、2位に入った童夢レーシングの小暮卓史/ロイック・デュバル組(ウイダーHSV-010)が獲得した。 さて、こうなると、NSXの今後の動向が気になる所である。 予想を超える大ヒットとなったCR-Z。でもホンダファンは、ホンダS2000やNSXのようなピュアなスポーツカーを求めている。 ホンダは応えてくれるだろうか。

人気ホームページランキング←良かったらランキングサイトへの1票をお願いします。

スーパーGTシリーズのGT500クラス。童夢レーシングHCV-10が制覇!

ホンダ,NSXの後継車,HSV-10GT, SUPER GT 今年のスーパーGTシリーズのGT500クラスは、今年出場する全車がFR(後輪駆動)、V型8気筒、排気量3.4リッターNAを使用するレギュレーションの統一化が実現。 レクサスは昨年から規定に合わせた「SC430」を熟成させ、ニッサンは3.4リッターV8エンジンに換装した「GT-R」で参戦。 個性あふれる3車種が1年間接戦を魅せてくれた。
        (左の写真はウイダーHSV-010)


NSXの後継車,ホンダ,HSV-10GT, SUPER GT 童夢レーシングの小暮卓史/ロイック・デュバル組(No.18ウイダーHSV-010)は優勝1回、2位2回、3位1回で、 2位の脇阪 寿一/アンドレ・ロッテラー組(PETRONAS TOM'S SC430)に5ポイント差の67ポイントで完全制覇した。 3位には、優勝1回3位1回のリアルレーシング,金石 年弘/塚越 広大組(KEIHIN HSV-010)が入った。(左の写真) ホンダ勢としては、7レースで、優勝3回、2位2回と好成績を収めた。
 ⇒ AUTBACKS SUPER GT 公式サイト


【優勝チーム】
Round 1 (鈴鹿サーキット) HIS ADVAN KONDO GT-RJ (P・デ・オリベイラ/安田 裕信)
Round 2 (岡山国際サーキット) ウイダーHSV-010 (小暮卓史/ロイック・デュバル)
Round 3 (富士スピードウェイ) MJ KRAFT SC430 (石浦 宏明/大嶋 和也)
Round 4 (マレーシア セバンサーキット) カルソニック IMPUL GT-R
                    (松田 次生/ロニー・クインタレッリ)
Round 5 (宮城スポーツランドSUGO) KEIHIN HSV-010 (金石 年弘/塚越 広大)
Round 6 (鈴鹿サーキット) ARTA HSV-010 (ラルフ・ファーマン/井出 有治)
Round 7 (富士スピードウェイ) 中止
Round 8 (ツイン茂木リンク) PETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー)

NSXの後継車、HCV-10

HSV-10GT,ホンダ,NSXの後継車,SUPER GT

ホンダ,NSXの後継車,HSV-10GT, SUPER GT これまでのNSX−GTは、ミッドシップレイアウトのため旋回し易い半面、安定性に欠ける面があった。2010年リリースのHSV-010 GTでは、 「速さ」と「安定性」の両立を徹底的に追求した。NSXは多くの人らから、“コーナリングマシン”と言われていたが、 HSV-010 GTではNSXを超える“究極のコーナリングマシン”を目指した。


ホンダ,HSV-10GT,NSXの後継車,SUPER GT 新型マシンは全長約4・7メートル、幅2メートルで、車体はカーボン・ファイバーなどを使用し、 排気量3397CCのGT専用エンジン(水冷V型8気筒)を搭載している。 1997年から昨年まで13年間、同シリーズに参戦したNSX−GT(優勝37回、シリーズ優勝2回)の後継車である。 GT500クラスにはオートバックスレーシング、リアルレーシング、童夢レーシング、ナカジマレーシング、チームクニミツの5チームが1台ずつ新型マシンで参戦し、 好成績を残した。


ホンダ NSX、2015年に世界デビュー!目指すは世界最速!

ホンダ,NSX,ハイブリッド,スポーツカー,世界最速 ホンダは、米ミシガン州で1月9日に開幕したデトロイトショーで、次世代スーパースポーツ“NSXコンセプト”を発表した。 今回デトロイトショーで発表された“アキュラNSXコンセプト”は、ホンダが3年以内に北米で生産を開始する新型ハイブリッドスポーツカーだ。 2015年、アメリカで始めにリリースされ、順次グローバル展開を予定しているとのことだ。目指すは世界最速。楽しみです。
 ⇒ ホンダ NSX、2015年に世界デビュー!

くるま大好き!自動車の選び方

潜水できる水陸両用車スキューバ,Rinspeed sQuba ジェームズ・ボンドもビックリ!潜水できる水陸両用車スキューバ(Rinspeed sQuba)。

エコカー,電気自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ カナダのカンパーニャモータース製のスリーホイラー"T-Rex"価格は660万円。

エコカー,電気自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ 慶大の電気自動車,エリーカ(Eliica)は,最高速度370km/h!

エコカー,電気自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ スーパー電気自動車エリーカが注目のベンチャー企業「SIM-Drive(シムドライブ)」発進!

電気自動車,エコカー,選び方,新車,情報,モデルチェンジ 町工場から環境に優しい電気自動車「環(めぐる)」誕生!5年後に市販化を目指す。

エコカー,電気自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ ゴードンマレー社の新型マイクロコンパクトカーのT.25、駐車スペースは3分の1 !

エコカー,電気自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ ソーラーカーチーム「プロミネンス」が、鉄道よりエコな1人乗りEVを開発!

日産,電気自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ 日産のEV、リーフが、2ヵ月で6,000台の予約受付。価格は、376万円。EV補助金制度を使った場合、実質価格は299万円。

エコカー,電気自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ トヨタが業務提携。テスラの電気自動車 ロードスターはセレブに人気!

プラグイン,エコカー,自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ ヤマハからプラグイン原付「EC-03」が、9月1日首都圏、10月1日全国で発売開始!

エコカー,自動車,選び方,新車,情報,3輪, ホンダが、未来に向けて、電動3輪コンセプトモデル「Honda 3R-C Concept」を提案!

3輪,エコカー,自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ オートスタッフ末広が、普通免許で公道走行可能な3輪自動車「ウロボロス」を発表!

スポーツカー,自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ 爽快に走るコンパクトなFRスポーツカー。トヨタのFT-86。販売時期はいつ?

電気自動車,エコカー,選び方,新車,情報,モデルチェンジ フィットのハイブリッドカーが159万円で10月8日リリース!

自動車,選び方,新車,情報,ミニバン 2010年夏,遊び心満載のカングー Be Bop, 日本に上陸!

日産,SUV,選び方,新車,情報,モデルチェンジ 6月9日,日産の新しいコンパクトSUV,ジューク登場!

キャンピングカー,自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ NV200バネットは、車中泊も快適!商用車とは見えない魅力的なスタイル。キャンピングカーのベースにお勧め!

車中泊,自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ 広々自在のフリード スパイク,快適に車中泊ができます!

ミニバン,自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ トヨタのプロジェクト「GAZOO Racing」から生まれたブランド「G SPORTS」。第一弾はノア&ヴォクシー "G's"!

エコカー,自動車,選び方,新車,情報,モデルチェンジ 日産,エルグランドがフルモデルチェンジ。大きな室内空間と余裕の走りで真っ向勝負!

TOP
くるま大好き!
自動車の選び方


ZAP Alias(ザップ エイリアス)は、スリーホイラーのEV。350万円〜発売予定 カナダのアーゴは6輪車の水陸両用車。 RoboScooterは、マサチューセッツ工科大学が開発した折りたたみできる電動スクーター SBU V2は、EVのシングルホイーラー シボレーのEV,ボルトが北米で好発進 プリウスのPVH(プラグインハイブリッドカー)が2011年北米デビュー スバルのFT-86が4月N.Yで公開予定 ホンダのフィットシャトルは、ワゴン初のハイブリッド Rinspeed Bamboo Concept(リンスピード バンブー)がジュネーブショーで公開 テスラの量産モデルSが、2013年リリース予定。410万円〜 ヴィッツクラスのハイブリッド。FT-CH2(プリウスC)は,燃費44km/L プリウス派生のミニバン。プリウスαが5月発売 スバルの次期インプレッサ。L.A.で公開 スズキのソリオはコンパクトだけど広々空間。車中泊もできます。 女性やママに優しいトヨタのコンパクトカー,パッソは低燃費 キャンピングカー、レクビーのカントリークラブは快適。トヨタのハイエースがベースです。 ホンダ,NSXの後継車のHSV-10GTが SUPER GT で優勝 電気自動車,ミリューR,タカオカ自動車工芸,EV 広島大学の i save,ボディが柔らかいので安全 マツダ ロードスターは、人馬一体のライトウェイトスポーツカー フォード,エスケープはタフネスです。 シムドライブのEVが2013年市販化予定 Rinspeed sQubaは水陸両用車のEV。潜水もできます。 関西発のEV。環(めぐる)が古都を走る。 3R-C Conceptは、ホンダの未来のEV 人気のフィットからハイブリッドカーが新発売 ウロボロスは、オートスタッフ末広が作るスリーホイラー T-Rexは、カナダのカンパーニャモータース製のスリーホイラー 道具として使える日産のNV200。車中泊もできます。 ヤマハのEVバイク、EC-03 エコな1人乗りEV、プロミネンス PCD 慶大のEV,Eriica(エリーカ)は、最高速度370km/h レトロな光岡ビュートが1万台達成 ゴードンマレー T.25は駐車場スペースが1/3 ゴ―ンの日産。新戦略はEVから 電気自動車,日産のリーフ。時代を築けるか! 電気自動車,テスラのロードスターが日本上陸 プリウス派生のミニバン、プリウスアルファ、2011年春発売! トヨタ FT-86は、レビンの再来! エルグランドが8月、時代を築く。 新型プレマシ―、流れるデザインで7月新発売 ノア&ヴォクシーのG Sportsが誕生,車中泊もできます。 ダイハツ,コペンは、軽自動車の爽快オープンカー フリードスパイクは、車中泊ができるミニバン アルファロメオのミトが新発売!コンパクト&スポーティ シトロエンDS3は、走り秀逸のコンパクトカー カングーBe Bopは、遊び心満載のミニバン フィットはエコ,燃費は24km/L ステップワゴンは,車中泊できるミニバン MINIはエコカー,燃費は20km/L 三菱のRVRが新デザインでリバイバル 日産の新型マーチは燃費26km/L コンパクトカー,マーチ特別仕様は95.9万円〜 日産のジュークはコンパクトなSUV ルノー カングーはオシャレなミニバン ホンダのCR-Z,ハイブリッド&スポーツカー ホンダのインサイト,ハイブリッドで189万円〜 プリウスは販売台数1位