人馬一体のライトウェイトスポーツカー!マツダ ロードスター

233万円〜292万円の価格で、ライトウェイトスポーツを楽しめるのは、 世界中を見渡してみても、マツダロードスターしかありません。世界に誇れるくるまです。 人馬一体の"Fun to Srive"。上質を味わう室内空間。 ソフトトップ、約12秒で開閉できるリトラクタブルハードトップ(RHD)の二つの精悍なステアリング。 爽快なドライビングフィールを味わいたい方にお勧めです。

人気ホームページランキング←良かったらランキングサイトへの1票をお願いします。

マツダ ロードスター 特徴 

マツダ ロードスター,人馬一体,ライトウェイトスポーツカー,オープンカー デビューは1989年9月。バブル期のマツダ・5チャンネル戦略の一環として設立されたEunos(ユーノス)店から専売モデル、「ユーノス・ロードスター」 の名で発売された。 発売当時、小型のオープン2シータースポーツというカテゴリーは市場からほぼ死滅状態であったが、マツダは潜在需要が非常に期待できることを掴んでおり、 自動車業界の冷ややかな予測の中リリース。発売後は瞬く間に世界中で大反響を呼んだ。


マツダ ロードスター,オープンカー,人馬一体,ライトウェイトスポーツカー 2000年には生産累計53万1890台を達成し、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックに認定を受けた。 また2004年には、生産累計が70万台の大台を達成したとして再度ギネスブックに申請。2007年1月30日には80万台を達成し、三度ギネスへの申請を行なっている。


マツダ ロードスター,人馬一体,オープンカー,ライトウェイトスポーツカー 初代モデルは1600ccの直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載する。 1993年のマイナーチェンジで1800ccに変更された。 1998年の二代目では、初代のアイデンティティの1つであったリトラクタブルライトは軽量化やヨー慣性モーメント低減、 対人衝突時に与えるダメージの低減などのため廃止された。


マツダ ロードスター,人馬一体,オープンカー,ライトウェイトスポーツカー 2005年の三代目で、完全にプラットフォームを一新し、新たに電動格納式ハードトップ(RHT)を備えるなど、 装備面においても進化を遂げた。幅1720mmの3ナンバーになりエンジンは2000ccとなった。
光と風を楽しむオープンの爽快さは、ボタン一つ、約12秒で開閉ができます。しかもオープン時も後部トランクの容量は変わりません。


マツダ ロードスター,人馬一体,オープンカー,ライトウェイトスポーツカー 安全装備も充実しています。 4W-ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)に加え、トランクに重い荷物を積んでいるときも安心して減速できるEBD(電子制御動力分配システム)を標準装備。
エンジン出力と4輪個別の制動力をコントロールし、滑りやすい路面でのコントロールや急ハンドル操作時などに車体の横滑りを抑制する DSC(ダイナミック スタビリティ コントロールシステム:横滑り防止機構)は、VS RHT,RS,RHT,RSに標準装備です。


マツダ ロードスター 価格&諸元表


メーカー 車名 排気量
(cc)
駆動
方式
乗車
人数
グレード ミッション 10・15燃費
(km/l)
JCO8燃費
(km/l)
税込価格
(万円)
マツダ ロードスター 1998 FR 2 S 5MT 13.4 12.6 233
NR-A 5MT 13.4 12.6 245
RS 6MT 13.0 11.8 260
S RHT 6EC-AT 11.8 11.2 268
RS RHT 6M 13.0 11.8 286
VS RHT 6EC-AT 11.8 11.2 292

車名 マツダ ロードスター
グレード S NR-A RS S RHT RS RHT VS RHT
駆動 FR
ミッション 5MT 6MT 6EC-AT 6MT 6EC-AT
全長(mm) 4020
全幅(mm) 1720
全高(mm) 1245
ホイールベース(mm) 2330
最小回転半径(m) -
車重(kg) 1110 1100 1120 1160 115O 1160
最高出力(kW(PS)/rpm) 125(170)/7000 119(162)/6700 125(170)/7000 119(162)/6700
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) 189(19.3)/5000
パワーウエイトレシオ(kg/ps) 6.53 6.47 6.59 7,16 6.76 7.16

ダイハツのコペン,オープンエアクルージング満喫できます!価格は159.5万円〜!

最新,新車情報 世界に誇れるダイハツのコペン。軽唯一のオープン2シータースポーツカーです。電動で開閉するアクティブトップを備える世界で最小の車です。 2002年6月デビューから8年経過していますが、愛されるデザイン。価格は159.5万円〜です。軽スポーツを楽しみたい方にお勧めです!
 ⇒ コペンでオープンエアクルージング満喫!


TOP
くるま大好き!
自動車の選び方


ZAP Alias(ザップ エイリアス)は、スリーホイラーのEV。350万円〜発売予定 カナダのアーゴは6輪車の水陸両用車。 RoboScooterは、マサチューセッツ工科大学が開発した折りたたみできる電動スクーター SBU V2は、EVのシングルホイーラー シボレーのEV,ボルトが北米で好発進 プリウスのPVH(プラグインハイブリッドカー)が2011年北米デビュー スバルのFT-86が4月N.Yで公開予定 ホンダのフィットシャトルは、ワゴン初のハイブリッド Rinspeed Bamboo Concept(リンスピード バンブー)がジュネーブショーで公開 テスラの量産モデルSが、2013年リリース予定。410万円〜 ヴィッツクラスのハイブリッド。FT-CH2(プリウスC)は,燃費44km/L プリウス派生のミニバン。プリウスαが5月発売 スバルの次期インプレッサ。L.A.で公開 スズキのソリオはコンパクトだけど広々空間。車中泊もできます。 女性やママに優しいトヨタのコンパクトカー,パッソは低燃費 キャンピングカー、レクビーのカントリークラブは快適。トヨタのハイエースがベースです。 ホンダ,NSXの後継車のHSV-10GTが SUPER GT で優勝 電気自動車,ミリューR,タカオカ自動車工芸,EV 広島大学の i save,ボディが柔らかいので安全 マツダ ロードスターは、人馬一体のライトウェイトスポーツカー フォード,エスケープはタフネスです。 シムドライブのEVが2013年市販化予定 Rinspeed sQubaは水陸両用車のEV。潜水もできます。 関西発のEV。環(めぐる)が古都を走る。 3R-C Conceptは、ホンダの未来のEV 人気のフィットからハイブリッドカーが新発売 ウロボロスは、オートスタッフ末広が作るスリーホイラー T-Rexは、カナダのカンパーニャモータース製のスリーホイラー 道具として使える日産のNV200。車中泊もできます。 ヤマハのEVバイク、EC-03 エコな1人乗りEV、プロミネンス PCD 慶大のEV,Eriica(エリーカ)は、最高速度370km/h レトロな光岡ビュートが1万台達成 ゴードンマレー T.25は駐車場スペースが1/3 ゴ―ンの日産。新戦略はEVから 電気自動車,日産のリーフ。時代を築けるか! 電気自動車,テスラのロードスターが日本上陸 プリウス派生のミニバン、プリウスアルファ、2011年春発売! トヨタ FT-86は、レビンの再来! エルグランドが8月、時代を築く。 新型プレマシ―、流れるデザインで7月新発売 ノア&ヴォクシーのG Sportsが誕生,車中泊もできます。 ダイハツ,コペンは、軽自動車の爽快オープンカー フリードスパイクは、車中泊ができるミニバン アルファロメオのミトが新発売!コンパクト&スポーティ シトロエンDS3は、走り秀逸のコンパクトカー カングーBe Bopは、遊び心満載のミニバン フィットはエコ,燃費は24km/L ステップワゴンは,車中泊できるミニバン MINIはエコカー,燃費は20km/L 三菱のRVRが新デザインでリバイバル 日産の新型マーチは燃費26km/L コンパクトカー,マーチ特別仕様は95.9万円〜 日産のジュークはコンパクトなSUV ルノー カングーはオシャレなミニバン ホンダのCR-Z,ハイブリッド&スポーツカー ホンダのインサイト,ハイブリッドで189万円〜 プリウスは販売台数1位