日産のEV、リーフが、2ヵ月で6,000台の予約受付。年度目標達成!

日産は、本年4月1日より国内で予約を開始した「日産リーフ」が、わずか2ヵ月で2010年度の販売目標台数の6,000台に達したと発表。 走行中の排出ガスがゼロの電気自動車。価格は、376万円。EV補助金制度を使った場合、実質価格は299万円となる。 12月から販売開始後、予約順に順次、納車していく模様。一回の充電で160km以上走れるとあるが、インフラの整備等、 今後の動向を見守りたいと思う。

人気ホームページランキング←良かったらランキングサイトへの1票をお願いします。

日産のEV、リーフ 特徴 

日産のEV、リーフ EV購入補助制度(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策)の約77万円の受ければ、実質購入価格は299万円。 同クラスのガソリン車に比べるとまだ割高だが、リーフの電気代は6年間で約8万6000円。ガソリン車のガソリン代は約67万円。 6年間乗れば、リーフとガソリン車はほぼ同等のコストとなると考える。 インフラが整い、価格が200万円前半になれば、EVの普及は加速されるだろう。 個人的には、エンジン音のない車に抵抗があるが、未来の車を期待しよう。


日産のEV、リーフ 大きさは、全長4,445×全幅1,770×全高1,550mmで、日産の人気モデルのティーダ(4,250×1,695×1,535o)より、 全長+95mm、全副+75mm、全高+15mm。大人5人の快適な空間を確保。1回の充電で160km以上走れるEV。十分実用的である。


日産のEV、リーフ 日産は、リーフを販売するにあたり、全国で充電ネットワークの構築を図る。 200Vの普通充電設備を全国の日産ディーラー約2200店舗に、急速充電器を約200店舗に、それぞれ設置する。 急速充電器設置店舗を中心に半径40kmの円を描くと、ほぼ日本全国がカバーできるといい、 これにより日本中を快適にドライブできる環境を整えたいとしている。 設置する急速充電器は日産製で、従来の半分程度の価格で提供。市販も予定している。
2010年12月から2011年3月で6000台のリーフを販売予定。2011年度からは、日本だけでなく、アメリカ、イギリスの工場でも生産し、年25万台生産体制を目指す。 バッテリーの外販にも積極的に取り組む考えで、「ゼロ・エミッション車で世界のリーダーになる」と、本格稼働の日産。日産はEVで勝負に出る。

日産のEV、リーフ 価格&諸元表

車名 リーフ
全長×全幅×全長 4,445mm×1,770mm×1,550mm
ホイールベース 2,700mm
定員 5人
駆動方式 モーター前置き、前輪駆動
電気 ラミネート型リチウムバッテリー
電動機 交流同期モーター
最高出力 80kw
最大トルク 280Nm
走行距離 160km以上
最高速度 140km/h以上
価格 376万円(補助で実質299万円)

くるま大好き!人気のニュース

Fit Shuttle(フィットシャトル)は、ワゴン初のハイブリッドカー Fit Shuttle
(フィット シャトル)

ハイブリッドワゴン第1号
燃費は30km/L。185万円〜
発売予想:2011年3月

トヨタのFT-86は、レビン、トレノの再来 トヨタ FT-86
コンパクトなFRスポーツ
スバルとトヨタのコラボ

NV200 バネットは、キャンピングカーのベースに最適。車中泊も出来ます。 NV200バネット
キャンピングカーにお勧め
車中泊も快適
157.3万円〜189.9万円

トヨタとコラボのスバル FT-86 スバル FT-86
2011年4月のN.Y.で初公開
発売時期は2013年春か!

フリード スパイクは、快適に車中泊できるミニバン Freed Spike
(フリード スパイク)

コンパクトなボディサイズ
快適に車中泊できるミニバン

スバルのインプレッサ コンセプトは、精悍なデザイン Impreza Concept
(インプレッサ コンセプト)

L.A,でコンセプトモデル公開
モデルチェンジは2011年秋

カナダのアーゴは6輪車の水陸両用車。 Argo(アーゴ)
山も海も走れる水陸両用車
8輪と6輪の仕様有り

ZAP Alias(ザップ エイリアス)は、スリーホイラーのEV ZAP Alias
(ザップ エイリアス)

北米で秋にリリース。新型EV
デザインが斬新なスリーホイラー

ゴードンマレー T.25は駐車場スペースが1/3 ゴードンマレー T.25
駐車場スペースが1/3の
ミニマムコンパクト

スキューバ(Rinspeed sQuba)は、潜水できる水陸両用 Rinspeed sQuba
(スキューバ)

ジェームズ・ボンドもビックリ
潜水できる水陸両用車

RoboScooterは、マサチューセッツ工科大学が開発した折りたたみできる電動スクーター RoboScooter
折りたたみできる
電動スクーター

SBU V2は、EVのシングルホイーラー SBU V2
EVのシングルホイーラー
必見です。

電気自動車のミリューRは、タカオカ自動車工芸の1人乗りEV ミリューR
タカオカ自動車のEV
原付四輪電気自動車
85.6万円〜

オートスタッフ末広のウロボロスは、スリーホイラー。330万円〜 Ouroboros
(ウロボロス)

オートスタッフ末広の
スリーホイラー
330万円〜

トヨタ「GAZOO Racing」からノア&ヴォクシー ノア&ヴォクシー"G SPORTS"
トヨタの「GAZOO Racing」新発売
安定した走りのミニバン

遊び心満載のカングー Be Bopが、日本に上陸 Kangoo Be Bop
遊び心満載のコンパクトミニバン


TOP
くるま大好き!
自動車の選び方


ZAP Alias(ザップ エイリアス)は、スリーホイラーのEV。350万円〜発売予定 カナダのアーゴは6輪車の水陸両用車。 RoboScooterは、マサチューセッツ工科大学が開発した折りたたみできる電動スクーター SBU V2は、EVのシングルホイーラー シボレーのEV,ボルトが北米で好発進 プリウスのPVH(プラグインハイブリッドカー)が2011年北米デビュー スバルのFT-86が4月N.Yで公開予定 ホンダのフィットシャトルは、ワゴン初のハイブリッド Rinspeed Bamboo Concept(リンスピード バンブー)がジュネーブショーで公開 テスラの量産モデルSが、2013年リリース予定。410万円〜 ヴィッツクラスのハイブリッド。FT-CH2(プリウスC)は,燃費44km/L プリウス派生のミニバン。プリウスαが5月発売 スバルの次期インプレッサ。L.A.で公開 スズキのソリオはコンパクトだけど広々空間。車中泊もできます。 女性やママに優しいトヨタのコンパクトカー,パッソは低燃費 キャンピングカー、レクビーのカントリークラブは快適。トヨタのハイエースがベースです。 ホンダ,NSXの後継車のHSV-10GTが SUPER GT で優勝 電気自動車,ミリューR,タカオカ自動車工芸,EV 広島大学の i save,ボディが柔らかいので安全 マツダ ロードスターは、人馬一体のライトウェイトスポーツカー フォード,エスケープはタフネスです。 シムドライブのEVが2013年市販化予定 Rinspeed sQubaは水陸両用車のEV。潜水もできます。 関西発のEV。環(めぐる)が古都を走る。 3R-C Conceptは、ホンダの未来のEV 人気のフィットからハイブリッドカーが新発売 ウロボロスは、オートスタッフ末広が作るスリーホイラー T-Rexは、カナダのカンパーニャモータース製のスリーホイラー 道具として使える日産のNV200。車中泊もできます。 ヤマハのEVバイク、EC-03 エコな1人乗りEV、プロミネンス PCD 慶大のEV,Eriica(エリーカ)は、最高速度370km/h レトロな光岡ビュートが1万台達成 ゴードンマレー T.25は駐車場スペースが1/3 ゴ―ンの日産。新戦略はEVから 電気自動車,日産のリーフ。時代を築けるか! 電気自動車,テスラのロードスターが日本上陸 プリウス派生のミニバン、プリウスアルファ、2011年春発売! トヨタ FT-86は、レビンの再来! エルグランドが8月、時代を築く。 新型プレマシ―、流れるデザインで7月新発売 ノア&ヴォクシーのG Sportsが誕生,車中泊もできます。 ダイハツ,コペンは、軽自動車の爽快オープンカー フリードスパイクは、車中泊ができるミニバン アルファロメオのミトが新発売!コンパクト&スポーティ シトロエンDS3は、走り秀逸のコンパクトカー カングーBe Bopは、遊び心満載のミニバン フィットはエコ,燃費は24km/L ステップワゴンは,車中泊できるミニバン MINIはエコカー,燃費は20km/L 三菱のRVRが新デザインでリバイバル 日産の新型マーチは燃費26km/L コンパクトカー,マーチ特別仕様は95.9万円〜 日産のジュークはコンパクトなSUV ルノー カングーはオシャレなミニバン ホンダのCR-Z,ハイブリッド&スポーツカー ホンダのインサイト,ハイブリッドで189万円〜 プリウスは販売台数1位