ホンダがスポーツカーをハイブリッドで出してきた!―CR-Zデビュー

ホンダがハイブリッドで勝負に出た。ホンダと言えば、スポーツカー。 しかし、景気低迷する中、NSX、ビート、ホンダS2000が生産中止になり、若者の車離れが叫ばれる中、ハイブリッドでスポーツカーと言うホンダでしかできないことをした。 出足は好調と報じられているが、この1年が勝負となるだろう。 ショートホイール、ワイドトレッド、前後重量配分を60対40とし、ハンドリング重視のスポーツタイプである。 CR-Xの再来と言われているが、CR-Xを知らない世代にどれだけアピールできるかがポイントだと思う。 (2010年2月デビュー)

人気ホームページランキング←良かったらランキングサイトへの1票をお願いします。

CR-Z 特徴

ハイブリッド,エコカー,CR-Zボディサイズは、全長4080×全幅1740×全高1395mm。車重は、6MTが1130kg、CTVが1160kgと軽量である。 マツダロードスターより少し大きめのコンパクトな2ドアハッチバックのスポーツカーである。 CR-Zの駆動方式は、ホンダ独自のハイブリッドシステム(IMA)、エンジンは、インサイト(1.3L)より大きめの1.5L。 スポーツ走行にも適した専用設計の6速MTと、パドルシフトを採用し低燃費走行からスポーツ走行まで対応するCVTの2種類を設定。 4人乗りだが、後部座席はタイトなので、荷物用と割り切った方が良さそうである。 ※全グレード:エコカー減税,100%の対象

CR-Z 価格&諸元表

メーカー 車名 排気量
(cc)
グレード 駆動
方式
ミッション 乗車
人数
燃費
(km/l)
価格
(万円)
ホンダ CR-Z β 1496 FF CVT 4 25.0 226.8
6MT 4 22.5 226.8
α 1496 FF CVT 4 25.0 249.8
6MT 4 22.5 249.8

グレード β α
ミッション CVT 6MT CVT 6MT
全長(mm) 4080
全幅(mm) 1740
全高(mm) 1395
ホイールベース(mm) 2435
車重(kg) 1160 1130 1160 1130
エンジン最高出力(ps/rpm) 113/6000 114/6000 113/6000 114/6000
エンジン最高トルク(kgm/rpm) 14.7/4800 14.8/4800 14.7/4800 14.8/4800
モーター出力/トルク(ps/kgm) 14/8.0
パワーウエイトレシオ(kg/ps) 9.13 8.83 9.13 8.83

くるま大好き!人気のニュース

Fit Shuttle(フィットシャトル)は、ワゴン初のハイブリッドカー Fit Shuttle
(フィット シャトル)

ハイブリッドワゴン第1号
燃費は30km/L。185万円〜
発売予想:2011年3月

トヨタのFT-86は、レビン、トレノの再来 トヨタ FT-86
コンパクトなFRスポーツ
スバルとトヨタのコラボ

NV200 バネットは、キャンピングカーのベースに最適。車中泊も出来ます。 NV200バネット
キャンピングカーにお勧め
車中泊も快適
157.3万円〜189.9万円

トヨタとコラボのスバル FT-86 スバル FT-86
2011年4月のN.Y.で初公開
発売時期は2013年春か!

フリード スパイクは、快適に車中泊できるミニバン Freed Spike
(フリード スパイク)

コンパクトなボディサイズ
快適に車中泊できるミニバン

スバルのインプレッサ コンセプトは、精悍なデザイン Impreza Concept
(インプレッサ コンセプト)

L.A,でコンセプトモデル公開
モデルチェンジは2011年秋

カナダのアーゴは6輪車の水陸両用車。 Argo(アーゴ)
山も海も走れる水陸両用車
8輪と6輪の仕様有り

ZAP Alias(ザップ エイリアス)は、スリーホイラーのEV ZAP Alias
(ザップ エイリアス)

北米で秋にリリース。新型EV
デザインが斬新なスリーホイラー

ゴードンマレー T.25は駐車場スペースが1/3 ゴードンマレー T.25
駐車場スペースが1/3の
ミニマムコンパクト

スキューバ(Rinspeed sQuba)は、潜水できる水陸両用 Rinspeed sQuba
(スキューバ)

ジェームズ・ボンドもビックリ
潜水できる水陸両用車

RoboScooterは、マサチューセッツ工科大学が開発した折りたたみできる電動スクーター RoboScooter
折りたたみできる
電動スクーター

SBU V2は、EVのシングルホイーラー SBU V2
EVのシングルホイーラー
必見です。

電気自動車のミリューRは、タカオカ自動車工芸の1人乗りEV ミリューR
タカオカ自動車のEV
原付四輪電気自動車
85.6万円〜

オートスタッフ末広のウロボロスは、スリーホイラー。330万円〜 Ouroboros
(ウロボロス)

オートスタッフ末広の
スリーホイラー
330万円〜

トヨタ「GAZOO Racing」からノア&ヴォクシー ノア&ヴォクシー"G SPORTS"
トヨタの「GAZOO Racing」新発売
安定した走りのミニバン

遊び心満載のカングー Be Bopが、日本に上陸 Kangoo Be Bop
遊び心満載のコンパクトミニバン


TOP
くるま大好き!
自動車の選び方


ZAP Alias(ザップ エイリアス)は、スリーホイラーのEV。350万円〜発売予定 カナダのアーゴは6輪車の水陸両用車。 RoboScooterは、マサチューセッツ工科大学が開発した折りたたみできる電動スクーター SBU V2は、EVのシングルホイーラー シボレーのEV,ボルトが北米で好発進 プリウスのPVH(プラグインハイブリッドカー)が2011年北米デビュー スバルのFT-86が4月N.Yで公開予定 ホンダのフィットシャトルは、ワゴン初のハイブリッド Rinspeed Bamboo Concept(リンスピード バンブー)がジュネーブショーで公開 テスラの量産モデルSが、2013年リリース予定。410万円〜 ヴィッツクラスのハイブリッド。FT-CH2(プリウスC)は,燃費44km/L プリウス派生のミニバン。プリウスαが5月発売 スバルの次期インプレッサ。L.A.で公開 スズキのソリオはコンパクトだけど広々空間。車中泊もできます。 女性やママに優しいトヨタのコンパクトカー,パッソは低燃費 キャンピングカー、レクビーのカントリークラブは快適。トヨタのハイエースがベースです。 ホンダ,NSXの後継車のHSV-10GTが SUPER GT で優勝 電気自動車,ミリューR,タカオカ自動車工芸,EV 広島大学の i save,ボディが柔らかいので安全 マツダ ロードスターは、人馬一体のライトウェイトスポーツカー フォード,エスケープはタフネスです。 シムドライブのEVが2013年市販化予定 Rinspeed sQubaは水陸両用車のEV。潜水もできます。 関西発のEV。環(めぐる)が古都を走る。 3R-C Conceptは、ホンダの未来のEV 人気のフィットからハイブリッドカーが新発売 ウロボロスは、オートスタッフ末広が作るスリーホイラー T-Rexは、カナダのカンパーニャモータース製のスリーホイラー 道具として使える日産のNV200。車中泊もできます。 ヤマハのEVバイク、EC-03 エコな1人乗りEV、プロミネンス PCD 慶大のEV,Eriica(エリーカ)は、最高速度370km/h レトロな光岡ビュートが1万台達成 ゴードンマレー T.25は駐車場スペースが1/3 ゴ―ンの日産。新戦略はEVから 電気自動車,日産のリーフ。時代を築けるか! 電気自動車,テスラのロードスターが日本上陸 プリウス派生のミニバン、プリウスアルファ、2011年春発売! トヨタ FT-86は、レビンの再来! エルグランドが8月、時代を築く。 新型プレマシ―、流れるデザインで7月新発売 ノア&ヴォクシーのG Sportsが誕生,車中泊もできます。 ダイハツ,コペンは、軽自動車の爽快オープンカー フリードスパイクは、車中泊ができるミニバン アルファロメオのミトが新発売!コンパクト&スポーティ シトロエンDS3は、走り秀逸のコンパクトカー カングーBe Bopは、遊び心満載のミニバン フィットはエコ,燃費は24km/L